紋章のような

My name is Samataka. I made coats of arms in my own way. Please accept my apologies. I didn't understand heraldry. I made coats of arms in escutcheons.

はやぶさの紋章、ガシッと。

多少ドギツいバトルが続きました。
そこで今回は、マイルドに戦わせてみます。
マイルドに。

falcon catching a wolf nose

鼻つかみ!

 

今回のやられ役は狼になってもらいました。
振り向きざまに嚙みつこうなんて、そうは行きません。
しっかり鼻っ柱を押さえられました。
飛べるって、かなり有利です。

鷲掴み?
ではないですが、それはそれで、いずれ発表しましょう。
では、また。

 

獅子の紋章、タコをやっつける。

さてさて、悪魔をいじめるのも続けると飽きちゃうので、ここらでやられ役を交代させよう。

 

トムとジェリーをずっと見ていたら、トムがかわいそう、という意見を聞いた小学校時代。それをふと思い出しました。おそらく本場アメリカでも同様の意見があったんでしょうね。しばらくしたら、今度はブルドッグのスパイクも結構ひどい目に遭うようになりました。

あのブルドッグのお父さん、私個人はスパイクじゃなくて、ブルさんと呼んでいたのですが。


それはともかく、今回ギッタンギッタンにするのは、
こいつです。タコ。

 

lion killing an octopus

たこ喰い獅子!

 

かませ犬ならぬ、かませタコ?
どうもヨーロッパでは、タコは印象が悪いようですな。何しろデビルフィッシュって解釈ですから。
でも、日本だと美味しくいただきますよね。いつだったか、前夜の食べ残しのたこ焼きを食べて出勤した朝がありました。と言うわけで、残さずに食べなさい、獅子よ。

 

ちなみに、以前紹介した、いかせんべいは期待通りに美味しかったです。あとでつまみ食いしよう。

13日の金曜日は過ぎて、日曜日?

せっかくの日曜日なのに。
我ながら、しつこいもんです。
シリーズ化しているわけじゃないですよ。

Unicorn killing a devil

魔刺し一角獣!


のどに一突き!
ある意味、アッパーカットとも言えるかな。



別バージョンも思いつきました。

 

Unicorn killing two devils

魔刺し一角獣 その2

 

ふふっ、今日はこのぐらいにしてやらあ。
なんちゃって。
ほんと、ただの強がり。




 

13日の金曜日は過ぎたけど、気持ちは引きずるのか?!

えー、前回に引き続き、また悪魔をボッコボコにします。
コンニャロめ、コンニャロめ!

 

Griffin killing a devil

魔喰いグリフィン

 

別に引きずってるわけではないですよ。
以前、作った紋章を発表しているだけなんですから。
って、これも強がりか。

13日の金曜日に、予告と言うか、断り書きと言うか・・・

夜更けに予約投稿の設定をしました。
カレンダーをよく見たら、今週の金曜が13日だったもんで。
教会に通わなくなって元カトリック信者を自認する私としても、13日の金曜日が不吉らしい、という言い回しはまだ頭に残っておりまして。

ただで転んじゃ、もったいないってもんだ。
どうせ縁起が悪いのなら、逆用してくれようぞ!
少々キツめの紋章を発表しようと思います。事のついでに。

しかし、少々かな?少々と思っていただけるとありがたいのですが。

 



前置きが長くなりましたが、結局、何の紋章かと言いますと、

こいつです。こいつなんです。

 

two devils

悪魔たち


いやあ、作りっぱなしで、いつ発表しようか、ずっと迷っておりました。
ようやく当ブログに馴染んでくださった方々が引いてしまわれるのではないか、と心配で心配で。
今回初めて当ブログを覗かれた方も、オカルト趣味?など怪訝に思われたことでしょう。


ここからが言い訳と言いましょうか、お断りと言いましょうか。

要するにですね、紋章にはこういう要素もあるってことです。暴力的だったり、好戦的だったり。そもそもが中世の戦場で敵をビビらせ、仲間内からもナメられないように、自分と自分の一族を誇示する印ですからね。時として刺激競争、ドギツさの応酬になったりします。そんな絵柄が、世界の紋章の中でも結構な割合を占めているものです(海賊の旗印とか)。雄々しさ、勇ましさが恐ろしさ、残酷と紙一重なのでしょう。ドラゴンをかっこいいと思うか。ヘビの延長で気持ち悪いと思うか(ヘビの紋章の時も迷いました)。と言いつつ、煽られて、自分もついつい作ってしまったわけですが。

 

念のため言っておきますが、悪魔なんて好きでも何でもないんです。

こんな奴らですからね。

 

devil

じつに悪魔的な行為

 

 

 

じゃあ何でわざわざ紋章にするの?って思われますよね。
実はこいつらにも、それなりに用途がありまして。私の中で、こいつらに一働きしてもらいたいという気持ちがだんだんわいてきたんです。何かと言いますと、悪役です。やられ役をやってもらいます。そう、トムとジェリーで言えば、トム。

 

Reindeer trampling a devil

トナカイ、悪魔を踏む!

 

たとえば、こんな感じ。
しかし、これはまだマイルドな方だと思う。

 

 


次のは、ドギツいです。

悪魔をギッタンギッタンのボロボロにします。

 

Lion killing a devil

魔喰い獅子!


如何でしょう?
じつは、こういう作風の紋章がいくつかありまして、これから時々載せようと思うのですが・・・どうか引かないでくださいね。
(佐馬鷹は何をぷりぷり怒っているんだ?)(精神的に病んでないか?)とか思われるかもしれませんが、
どうかご心配なく。
(やれ佐馬鷹はまたストレスが溜まってんだな)とか(弱い奴ほど、こういう強がりをするものだ)とお笑いください。実際、ストレスが溜まってるから、悪魔にこういう役回りを押し付けたんですから。

 



さらに今後の予定として付け加えておきますと・・・
似たような、印象の悪い、ネガティブな紋章も時々載せていきます。
・サソリ
・亡霊の模様

など。
悪魔だけいじめるのもつまらなくなって、やられ役を増やしたわけです。


 

さてもさても13日の金曜日に言い訳が長くなりました。
今後とも気長にお付き合いいただけるとありがたいです。

虎の紋章、四分割。

先日は他人様(しかも大企業)が作成された虎の紋章を見ていただきましたが、
やっぱりオリジナルで勝負しましょう。


tiger & two axes

虎と戦斧

 

四分割にしました。
右上は、佐馬鷹オリジナルの斧を2種。わざと刃の部分を内側に反らせてみました。
虎らしくオーソドックスに、黄色と黒。
ほかにも色違いの虎もあるんですけどね。
まだまだありますので、少しずつアップする予定です。




 

タイガー魔法瓶の紋章!

今回は小ネタです。
やってるのは大企業ですが。

先日、職場で仕事している感を出そうと、手に取ったのが
「販促会議 2019年1月号」。
仕事に使えるネタがないかとページをめくっていたのですが、
むしろ当ブログに使えるネタを拾ってしまいました。
それが、今回の写真。

f:id:coatsofarms:20190830050727j:plain

タイガー魔法瓶の紋章


どうやら、タイガー魔法瓶が昨年10月に東京にレストランをオープンさせていたようで。厳密にはタイガー魔法瓶の紋章ではなく、そのレストランのロゴなんですね。
レストランの名前は「La Donabe」。
そう、土鍋炊飯ジャーで炊いたご飯を体験してもらうための期間限定のレストランだったのです。
詳しくは
https://www.tiger.jp/news/press_release/pr_180925_01.html

 


それにしても、虎で見事に大紋章になっています。
両側から支えるリアルな虎に対して、中央に配置したタイガー魔法瓶のロゴがかわいく見えます。
大紋章では盾型の上に兜などが乗っかりますが、ここでは土鍋。しかも湯気が出ている。
下の帯に書かれたフランス語は「愛とおにぎり」だそうです。

 


ほかの企業でも、こういうの作ってないかなぁ。
見つけたら、また写真に収めたいです。